合気道S.A.とは?
 


   合気道S.A.とは、櫻井文夫代表師範が設立した合気道団体です。

   「使える合気道技」を身につけることを目的に、本来の合気道の技を見直し、突きや蹴りなどの打撃技を取り入れ、
   型や稽古に反映させています。
   他にも、合気道技を自由に掛け合う自由組手も稽古に導入して、現代に即した護身武術として注目されております。
   老若男女、年齢を問わず、多くの会員が櫻井師範のもとで稽古に励んでいます。

   毎年、春と秋にオープントーナメントを開き、合気道における自由組手の研究や合気道技の研鑽を続けています。
   最近では、女子部や壮年部の出場者も増え、活躍しております。

   他にも、地方でのリアル合気道普及に向け、広域指導者合宿・地方での師範の指導会・通信稽古など、
   様々な活動をしています。
   また、「大道塾」「新極真会」とも交流し、リアル合気道の指導を行っています。





   昭和29年生まれ。
   合気道の達人と言われた塩田剛三師に20年間もの間(13年間は、内弟子として)弟子として師事する。
   元合気道養神館本部師範。

   <養神館時代 指導経歴>
   「警視庁機動隊」「婦人警察官」「SP(警視庁要人警護)」「警視庁特殊部隊」「皇宮警察(皇室警護)」など
 
 
   養神館を退職後、K-1の「石井和義」正道会館館長や、
   修斗創始者「佐山聡」氏らとの技術交流を行う。
   各氏・各競技などとの技術交流を通し、従来の合気道に蹴り技や試合形式の
   稽古の必要性を感じ、
   より実戦的かつ友好的な護身術であるリアル合気道を創始。
   合気道S.A.を設立する。

   近年は、リアル合気道普及に向けて、稽古指導の他にセミナーや執筆活動、
   ビデオ制作、テレビ番組出演など、幅広く活動中。