稽古内容

武道の稽古は、その動きを身に付ける為に、基本を重視した地味な稽古の繰り返しです。
疲れる・痛い・つまらないと感じる事もあるでしょう…
しかし、続けていく中で新しい発見が必ずあり、それが上達に繋がります。
根気良く稽古をし、「少し上達した自分」「強くなった自分」を感じてください。
経験や老若男女は問いません。


一般部
合気道技の基本となる基本動作・型稽古を中心に稽古する他、打撃技・打ち込み・ミット打ち・組手等を行い、有効な護身武道としての合気道を身に付けていきます。
※組手は、色帯取得者以上(七級取得者以上)になってから始めます。
年齢・体力を考慮して無理なく組手ができるように配慮します。
安全性を考えた稽古を心掛けておりますので、女性や壮年の方々でも気軽に参加できる内容です。

少年・少女部
合気道技の習得よりも、礼儀作法や基礎体力を身につける事に重きをおきます。
稽古を通じ技を掛け合う事で、人の痛みを知り、相手を思いやる気持ち、強い精神を身に付ける事を目的とします。


TOP